手帳・システム手帳の使い方・選び方

数十種類ほどの手帳の中身を調べ、手帳・システム手帳の使い方・選び方をまとめました。様々な所で調べた使い方・活用術と手帳を選ぶポイントをまとめ、INDEXにのせています。やる気がでない、仕事をやりたくない、仕事ややることを整理したいと思っていた自分が、それを改善する手帳・システム手帳の使い方をまとめています。

   

手帳の選び方

何を基準に選んだらいいのか分からない、数が多すぎて調べるのが面倒、という方。
目的や用途を絞るだけで、候補の手帳は定まってきます。

いろいろな手帳一覧

30種類以上の手帳を用途別に分類・一覧! d(^^)

手帳活用術一覧

何か面白い使い方はないか?という方はこちらをどうぞ ^^

   

お知らせ


   なし

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手帳の最初に簡単にでいいから目的を書いておく


手帳を既に買われた方メインの話になるかもしれませんが、手帳を使い始めた人、手帳を買い続けているのだけど、一つの手帳に中々定まらない人は最初に今の手帳を買った理由と目的を書いておくと良いかと思います。



自分は時間の使い方を見直そう!無駄な時間が多いはずだ!と思って、行動記録をつけていったのですが、


んだん「(行動記録を)つけなきゃ、つけなきゃ・・・」とストレスに感じ、つけることが目的となってしまいました。



見なおして、どこに無駄かあるのか?とかを考える必要があったのに・・。



・・・で、このサイトで何度も言っていることですが、そうなってしまったら、なぜそうなったのか?を書けば良かったのです。



なんなら、不満だけ書いても後々、かなり役に立ちます。



「記録つけるのが面倒・・・」「何の役に立つんだ・・・」ということでも構いません。(←ちなみに自分でやり始めたにもかかわらず、当時、本当にこんなことを考えていました。^^;)



さらに後になって、もう一度、「行動記録をつけよう!」と思った時に読み返すと、「そういえばこんな失敗してたな・・・、このまま始めたら、同じ失敗を繰り返すぞ・・・」と思い、同じ失敗をしない手帳選びになります。



失敗した手帳も、決して無駄にはなりません。



年末、もしくは年始に少し時間をとって、手帳の最初の方に「手帳をつける目的」を書いてみてはいかがでしょうか?^^


スポンサーサイト

| 手帳・システム手帳の活用術・選び方・始め方 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウィークリーページを時間の家計簿として使う


手帳の使い方にどんなものがあるだろう?ということで、ひとつの使い方を書いていこうと思います。



タイトルにあるようにウィークリーページを時間の家計簿として使う方法について書いていきます。



ウィークリーページの普通の使い方って、予定を書いてそのとおりに実行できるようにする・・・というものが普通かと思いますが、


個人的にその使い方は上級者もしくは中級者の使い方のような気がします。^^;)



まず、自分は予定がうまく組めません。自分が考えた予定通りに事が進まないのです。^^;)ですから、書く気が失せてくるのです。



だったら、最初から「やったこと」を書いていきます。実績を書いていくのです。



ウィークリーページを使うことをおすすめするのは、1週間の時間の使い方を一覧できるからです。



縦軸が時間、横軸が日付と曜日のものがおすすめです。見開きで1週間となるものが良いでしょう。



これに1週間、何をしたかを大まかに書いていきます。すると、いろいろなことが見えてきます。



自分の時間が思ったより少ない(多い)、集中力の下がる時間が決まっている、アイディアが閃く時間に傾向がある、などなどです。



自分の使っている時間を記録し、見なおすことで、時間を節約(捻出)することは家計簿に似ています。



家計簿もお金の収支(主に支出)を記録して、無駄なお金の使い方を削減しますので。



時間は場合によっては、お金より価値の高い資源?になったりします。



手帳で時間の使い方の記録をする・・・というのも、ひとつの手帳の使い方として良いかもしれません。




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。( ・ω・)つ旦




| 手帳・システム手帳の活用術・選び方・始め方 | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デスクワークの集中力が劇的にあがりました ~冬季限定~


デスクワークの集中力が劇的にあがる方法がありました。それは、


湯たんぽで足を温める


・・・という方法です。(笑)



なんだ、そんなことか・・・と思われるかもしれませんが、自分は想像以上に良かったです。



ひざかけは足首から下が寒い・・・、袋タイプの足温器は足を広げることができないので辛い、と人から聞きました。(自分は結構ガニ股ですし・・)



スリッパタイプの足温器も、足がつながっていて足を広げられないし・・。



う~ん、もう着る寝袋しかないかな・・・と思って、レビューを見ると、1件だけですが、足が寒い・・と書かれていたので、足が弱い(冷える)自分としては、ちょっときつい・・・。



そうこうしているうちに冷え込む日が来たので、「しょうがない!とりあえず、いちいちお湯を入れるの面倒だけど湯たんぽにしよう!」と思って、湯たんぽにしたら、あったかい!!



熱湯だと熱すぎるかな・・・と思ったけど、まあ、大丈夫でした。



もちろん、足をつけ続けると、熱すぎて離さないといけなくなりますが、足の裏、足の外側面と当てる所を変えることで、ピンポイントで寒い所を温めることができます。



毛布を上にかけておけば、湯たんぽが冷えるスピードをある程度、遅くすることもできるかと思います。



ホームセンターなんかで売っているので、すぐにできます。^^



あと初めて買う時は、お湯を入れやすいように漏斗(ろうと)も、あわせて買っておくと良いかと思います。



湯たんぽの口とサイズをピッタリあわせたような漏斗(ろうと)は、あるかと思いますので、お店の人に聞いてみると良いかもしれません。



自分の湯たんぽは、灯油用の漏斗がピッタリでした。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。( ・ω・)つ旦





| 自分らしさ | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完璧な手帳術を求めすぎていませんか?


いくつか前に書いたことと重複するかもしれませんが、手帳が長続きしない理由として、「完璧な手帳術」を求めていたりする場合があります。



スケジュール管理を目的に手帳を買ったら、手帳に書いたとおりのスケジュールがすすんでいかないと、達成感を感じなかったり、仕事の計画を立てても、期日までに目標まで達しなかったり・・と。



まあ、自分が陥った失敗を並べてみたのですが ^^;)、それで手帳に記録をつけるのをやめてしまったり、するのです。



・・・で、翌年、また同じ失敗をする・・とかしてしまいました。前に書いたことと同じ結論になりますが、手帳を買って続かなくなったら



続かなくなった理由、今の手帳に対する不満を書きなぐりましょう。



できるだけ具体的に書くと効果的です。



胸ポケットに入れたら、飛び出てダサかった、ページがめくりにくかった、立ったままだと意外と書きにくい・・・と。



そうすると、理想の手帳、他人のおすすめじゃなくて、自分自身のおすすめの手帳に近づくかと思います。





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。( ・ω・)つ旦





| 手帳・システム手帳の活用術・選び方・始め方 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手帳にはって毎日見るだけでたばこがやめられる・・・かも


今回は、たばこがやめられる・・・かもしれない手帳術です。^^;)



前に書いたかもしれませんが、忘れたので、もう一回書きます。タイトルに「手帳にはって」・・・と書きました。



何をはるかというと肺がんになって、どす黒く変色した肺の写真です。



なかなかショックがきつい方法かもしれませんが、効果はあります。たばこを吸うときに瞬間的にこの画像が、脳裏をよぎることになるでしょう。



たばこを吸う手が、一瞬とまります。最初のうちは、それでも吸ってしまうと思いますが、そのうち、ばこの味がだんだんまずいものに変わってくるたことでしょう。



そうしていくとたばこの本数が減少し、最終的にはやめられる・・・という寸法です。



ただ、(極力)毎日、見る必要はあります



日常生活を送っている中で、ふっと脳裏をよぎるようにしないといけないからです。



ですが、これだけの手間で、たばこがやめられるのなら、健康的にも経済的にも、安いものだと思うのですが、いかがでしょうか?




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。( ・ω・)つ旦





| 手帳・システム手帳の活用術・選び方・始め方 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やりたいことをかなえる作業なのになぜ自分が動かないのかを手帳に書く


前回、1日1ページ手帳を買う前に確認しておきたいこと、という記事タイトルで、本当に1日1ページも書くことがあるのか?を安いノートで確認してから、高価な手帳を買っても良い・・・という記事を書きました。



もしも、何を書こうか?と悩んでいるのなら、「やりたいことをかなえる作業に対して、なぜやる気が出ないのか?」を書いても良いかと思います。



これを読んでいる人の全員が、やりたいことにやる気がないわけではないと思いますが、もしもやる気が出てこない場合、



その理由を羅列させておくと、後で読みかえした時に、「あ、そうだ、自分はいまこの状態なんだ!」と、すぐにスッキリしたりすることがあります。結局のところ



その「やりたいこと」が実現することを信じられない
「やりたいこと」をかなえるための作業が苦痛に感じる



などの理由があります。



対策をすぐに打てなくても、苦痛の原因がわかることで、気持ちが落ち着くことがあります。



書くことがなければ、それこそ不満を手帳に吐き出すことも、手帳の有用な使い方かと思います。



手帳が続かなくなったときのネタ探しに。^^;)
→ 「書くだけで人生が変わる感謝日記」で検索<楽天市場>





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。( ・ω・)つ旦





| メンタル | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手帳シーズンオフは50%OFF(半額)の手帳が売られる


次の手帳の買い時が5月の理由


以前、手帳の買い時は5月の理由、という記事を書いたのですが、普通の手帳シーズンは1月前(1月始まり手帳)と4月前(4月始まり手帳)の2シーズンなのですが、



5月になるとお店の方で在庫処分・・ということなのでしょうか・・、大幅割引の手帳が出てきます。



まあ、でもわからなくはないですよね、2014年の1月に2013年の1月始まりの手帳や4月始まりの手帳を買う人なんて、皆無でしょうから・・。^^;)



割引率からお得か?を考える


仮に(2014年の)5月の頭に半額の2014年の1月始まりの手帳を買うと5月から12月まで使えるので、8か月分(1年の2/3)使えることになります。



2/3使えて値段は半額なら、まあ妥当・・と思えるかもしれません。



自分にあった手帳探し・・・の点も含まれるので、極力、安い手帳の方がいいはずです。



もし、ここで失敗(長続きしない)しても来年の正規品で失敗するよりは、痛手を被りません。



年末の正規の値段で改善点を見つけるより割引手帳で改善点を見つけた方が良い?


手帳は長続きしなくってからが本番の理由でも書きましたが、自分にあう手帳として、必要な情報を手に入れた・・・


と考えれば、値段にみあう買い物をしたことになるかもしれません。(ただし、その手帳の不満点をしっかり書くことが前提です。)



いきなり1発目の手帳で、自分の理想に出会いたい気持ちはわかりますが、そうでなくても、不満点を書き並べた手帳を2~3冊買えば、自分の欲しい手帳に2年後ぐらいに出会えるのではないでしょうか。



案外そうなったときには、不満点を書き並べた手帳の方が、宝物のように思えてくるのかもしれません。(笑)



手帳のポイントが10倍のお店で、
↓↓トップページに画像が山ほどあるお店↓↓


画像をクリックするとタイムキーパー<楽天市場店>のページが開きます




| 手帳・システム手帳の活用術・選び方・始め方 | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手帳は長続きしなくなってからが本番の理由


手帳を使う目的もしっかり定め、自分自身の生活パターンから、手帳のサイズも決まった、だから手帳も購入した・・・。



これで一見やることは終わったかに見えます。



まあ、大きなひと段落はついたのは確かですが、ここからが本番・・・ともいえます。




手帳が長続きしなかった人限定の話です


これまで手帳が長続きしなかった人は、やることは少しずつで良いのですが、やっておいた方がいいことがあります。



それが明確にした目的を最初の方のページに書いておくことと、長続きしなくなったときに、なぜ長続きしなかったのかの理由を書くこと、です。



後者は長続きしなくなってからで良いので、どこかに書いておくに留めるだけで良いのですが、目的は書いておいた方が良いです。



手帳に記録をつけていくうちに、いつしか最初の目的を忘れて、記録をつけることが目的で、手帳を書いていくことを防ぐためです。



長続きしなくなってからすること


最初のうちは手帳を買った高揚感から、いろいろと書いたりするのですが、だんだんそれが薄れ、書くのが億劫になったりします。



そういうときには、長続きしなくなった理由を書いていくのです。



長続きしなくなった理由を書く、と表現すると書くことがわからないという人は、手帳を書くことに対する不満をただ書きならべるだけでも良いのです。



「手帳を書くのが面倒くさい・・・」「こんなことやって本当に効果あるのか?」などいろいろな疑念が生じてくるかと思いますが、それこそ手帳を買って、手に入れた成果(改善点)と考えて書きとめておきましょう。



不満のあとに「なぜ面倒くさくなったのだろう?」とか書いて、対策なども思いついたらどんどん書いていきます。



それこそ手帳に対する不満のはけ口のような感じで、なぐり書きしていきましょう。



改善点を書くことで買った手帳が財産になる


ある程度、書いてスッキリしたら、「じゃあ、どんな手帳なら良いのだろう?」と考えたり、もっと突き詰めるのなら「本当に自分に手帳は必要だろうか?」と考えてみるのです。



せっかく手帳を買ったのですから、「自分にあわない手帳の特性」をしっかりと手に入れましょう。^^



個人的な見解ですが、手帳に対する不満、手帳が長続きしなくなった理由を書きならべた手帳は、あなたにとっての財産になるかと思いますし、手帳購入分の元はとれているんじゃないかと思います。



改善点がわかり次の手帳が欲しくなったら、年末まで待たないといけないのか?


ただ、手帳を購入して続かなくなった・・・次はこういう手帳が欲しいな・・・と考えても、また今年の最後まで、手帳が出始めるのを待たなければいけないのだろうか??



と思われた方・・手帳のシーズンは1年のうち3回あります(と自分は思っています)。



しかも、そのうち一つのシーズンは割安です。今度は次の手帳を買うにあたって、良い買い時について、書いていこうと思います。



→ 手帳シーズンオフは50%OFF(半額)の手帳が売られる



| 手帳・システム手帳の活用術・選び方・始め方 | 09:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手帳シーズンはポイント10倍のお店が出てくる


手帳シーズンはいうまでもなく、手帳に関してのかきいれ時です。ポイントを10倍にして、お客を釣ろう集めようと攻勢をかけてくるお店も多いです。



・・・で、実際このポイントというのが馬鹿にできません。MARKS EDITという1日1ページ手帳があるのですが、これがおよそ5000円とか3300円とか・・。(サイズによって値段が変わります。)



5000円のものは、通常50ポイント(50円分)ですが、10倍だと500ポイント(500円分)です。



楽天なんかだと、かなり豊富な品ぞろえなので、「ポイントを獲得しても欲しい物がないな・・」ということがまずありません。



ちょいとお高い手帳・システム手帳を買われるのなら、ネットで購入することをおすすめします。



手帳を購入してから


手帳を購入した、ポイントも10倍もらった!よし!来年は(もしくは4月から)OKだ!と思われるのは少し早いかもしれません。。。



もうすでに同じ手帳を何年か続けて、その手帳が自分に合っている!というのならOKかと思われますが、そうでない方は、購入してからが本番です。



次の手帳シーズンに向けて念頭に置いておいた方がいいことがあります。(←というと少し大げさかもしれませんが ^^;)



手帳が長続きしそうにないかな・・・と思われた方は、次の手帳は長続きしなくなってからが本番の理由をご覧ください。



手帳のポイントが10倍のお店で、
↓↓トップページに画像が山ほどあるお店↓↓


画像をクリックするとタイムキーパー<楽天市場店>のページが開きます





| 手帳・システム手帳の活用術・選び方・始め方 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

左サイドバーの手帳から自分にあった手帳を探す


「手帳はホリゾンタル式?バーチカル式?ガントチャートは?」という記事で、お店に向かってはいけない・・と書きましたが、実店舗にある手帳は量が多すぎて、中身のチェックがかなり難しい・・・というのが、その理由です。



パラパラと眺めたり、開き具合を確認したり・・・という点ではいいのですが、それでも3つほどに候補を絞り込んでからいかれることをおすすめします。



あまり数が多いと、いくつか調べていくうちに最初に調べた手帳のことを忘れてしまう・・・といったことも生じます。



ネットで中身(の画像)、表紙の画像が調べられる時代ですから、ネットで調べて候補を絞っていくのが良いです。



・・・で、実店舗で候補の手帳をチェックしたら、「他にどんなのがあるのかな~」という感じで、ゆっくり見ていくのも一つの手かと思います。



左サイドバーの手帳群は極力、中身の画像を表示しているリンク先を書いておきましたので、たいがいわかるかと思います。



手帳の販売サイトも中身を画像で出している場合がありますので、そちらも参照されるとご自身にピッタリの手帳が見つかるかもしれません。


ただ、実店舗にいって、「これだ!」と思う手帳を見つけてもまだ購入してはいけません。次の記事で、その理由を説明します。



→ 手帳シーズンはポイント10倍のお店が出てくる(←理由、丸わかり)




| 手帳・システム手帳の活用術・選び方・始め方 | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手帳はホリゾンタル式?バーチカル式?ガントチャートはいる?


手帳のウィークリースケジュールには、横書き(ホリゾンタル式)、縦書き(バーチカル式)とあります。



ガントチャートは後に画像つきで、説明します。横書き(ホリゾンタル式)で書きたいのか、縦書き(バーチカル式)で書きたいのか、



自分がしっくりくる方を決めておいた方が後々、後悔することが少ないようです。



続いて簡単に横書き(ホリゾンタル式)、縦書き(バーチカル式)、ガントチャートについて簡単に説明していきます。


≫ 続きを読む

| 手帳・システム手帳の活用術・選び方・始め方 | 09:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手帳のサイズをできるだけ後悔なく選ぶ方法



手帳のサイズを選ぶポイントは4つ考えられます。

  • 記入する時は、どんな状態?(例:室内で書きたい、外出先で)
  • 読み返す時は、どんな状態?(例:室内で、外出先で)
  • 手帳を携帯・所持するところはどこ?どんな大きさ?
  • 室内と外出先とで手帳を分けるスタイルをとる?



最初の3つはあなた自身の生活パターンをしっかり考えると見えてくるものです。



最後の1つは、手帳に書くことの内容によって、変わってきます。詳しくは、続きを見ていきましょう。


≫ 続きを読む

| 手帳・システム手帳の活用術・選び方・始め方 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1日1ページ手帳を買う前に確認しておきたいこと


来年の手帳が出始めていますが、1日1ページ手帳は、意外とバカにならないお値段で・・。^^;)



今回は1日1ページ手帳を買おうかな?と思われている方で、ちょっとお高いな・・・と考えている方への記事になります。



結論から書きますと、1日1ページも書くことが300日以上ありますか?ということです。



これまで書いた習慣がなく、「これから書くぞ!!来年から自分は変わるんだ!!」という人は危険?です。



続かなくなって、せっかく買った手帳が・・・というパターンになりかねません。



「う~ん、そうなんだよな・・・、続くかどうか・・・」という方は、普通のキャンパスノートなどのB6判(裏面に4号と書いてある)などが良いかもしれません。



普通のノートでスケジュール欄はないので、自作する必要はあります。



自作といってもそれほど難しいことではなく、outlookのマンスリースケジュールをB5ハーフサイズ(B6はB5の半分です)でプリントアウトして、余白などを切ってはりつけるだけです。



残ったページで、書きたいことがあるときは、自分で日付を書いて、メモなどの書きたいことを書いていくのです。



これをやって、続くようなら1日1ページ手帳のいいものを買うのも良いかもしれません。



おすすめの1日1ページ手帳は左サイドバーの1日1ページ手帳のところにありますので、もしよかったら、そちらをご覧ください。^^



手帳が続かなくなったら、こんなことを書いてもいいかもしれません。^^;)
→ 「書くだけで人生が変わる感謝日記」で検索<楽天市場>





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。( ・ω・)つ旦




| メンタル | 08:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手帳でモチベーションがupするのは最初だけ


手帳シーズンになんとも水を差すようなタイトルで申し訳ないのですが、自分が陥った罠なので、少し書いておこうと思います。



誤解のないように最初に書いておきますが、「だから手帳が無駄」なんていう気は毛頭ありません。



ただ、期待して購入して、うまくいかず手帳にメモをする習慣そのものを放棄してしまうと何とももったいないな~と考えたので、この記事を書きました。



自分は最初、手帳をどうこう・・・というより時間管理、タスク管理をどうにかしたい・・と思ったのですが、


それをやろうと思ったら何かに書くしかない、そして何かに書くならノートか手帳だろう・・・ということになったわけです。



・・・で、手帳に関する自己啓発本なんかを読み、いろいろと触発されて、つくったりするのですが、1~2か月も経つと、手帳は見るけど、それをやろう!という気がそがれてくるわけです。



モチベーションというのは、よほどのことがない限り、時間の経過とともに下がってくる性質があるのですが、そこに気づかずに自分を責めたりしたのです。



これを読まれている方は、極力、同じことに陥らないように、まずは、「手帳をつけることに挫折したら、なぜ挫折したのか?」をその手帳にありったけ書くことをおすすめします。



せっかく買った手帳ですから、そこから理想の手帳が見えてくるかもしれません。



というか、これをやらないと、また時間が経過して同じことを繰り返すかもしれません。



個人的には10月~12月の来年の1月始まり手帳シーズンと2月~4月までの4月始まり手帳シーズン、


そして5月以降の売れ残った手帳を大幅割引して売り出すシーズン?と3つの買い時があるかと思います。



今(10月~11月)の時期に手帳を買ったのなら、来年5月以降にさらに自分自身にあった手帳を見つけるため、


購入した手帳の不満を随時、書きとめる習慣だけでも身につくと、手帳に投資した分のいくらかを取り戻せるかと思います。^^



手帳が続かなくなったら、こんなことを書いてもいいかもしれません。^^;)
→ 「書くだけで人生が変わる感謝日記」で検索<楽天市場>





最後まで読んでいただき、ありがとうございます。( ・ω・)つ旦




| メンタル | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やる気が出ないのは望んでいることの実現性を信じていないから


これまで、やる気というエネルギーが大量に供給されたり、逆に供給ラインが寸断されたりするのは潜在意識が作用しているからだ・・・という話をしてきました。



今回は、やる気が出ないときというのは、潜在意識がその目的の実現性を信じていないから・・・という話です。



前回と同じ記述になりますが、いままで、やる気が出ないときには「やらなきゃ・・、やらなきゃ・・」と思いつつ、なんとか自分に鞭打って、作業などをやろうとしていました。



将来、自分が住みたいところ・・とか、旅行にいきたいところの写真なんかを見て、「動かなきゃ・・、動かなきゃ・・」と。



前回は、「それほど望んでいなかった」・・・ということを書きましたし、それは間違ってはいないのですが、それと同時に、その実現性を信じていないこともあったんじゃないかな・・と思ったわけです。



ネットで調べた「住みたいところ」は家賃数十万円とかします。



現状、それに対して、現実的に家賃が払える収入があるわけじゃないですし、見込みがあるわけでもありません。



そうすると顕在意識が反射的に「無理だ・・」と考え、潜在意識がそれを実現するための努力と苦痛を結びつけてしまう・・・と思うのです。



そして努力を苦痛と判断した潜在意識は、その努力を避けるようにエネルギーの供給をカットします。



こういう状態になったら、もう大量のエネルギーの供給は見込めません。ただ、頑張る人は「それでも、頑張らなきゃ・・」という想いで、努力をしたりします。



それも一つの手ですが、「う~ん、自分は、この望んでいることの実現を信じていないんだな・・・、実現を信じることのできる戦略、もしくは成功者の言葉などが必要なのかもしれないな~」と考えてみるのも良いかもしれません。





| メンタル | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やる気が出ないときというのはそれほど強く望んでいないから


これまで、やる気というエネルギーが大量に供給されたり、逆に供給ラインが寸断されたりするのは潜在意識が作用しているからだ・・・という話をしてきました。



今回は、やる気が出ないときに自分を責めることについての話です。



いままで、やる気が出ないときには「やらなきゃ・・、やらなきゃ・・」と思いつつ、なんとか自分に鞭打って作業などをやろうとしていました。



将来、自分が住みたいところ・・とか、旅行にいきたいところの写真なんかを見て、「動かなきゃ・・、動かなきゃ・・」なんて考えていたのです。



でも、今振り返ってみると、その「住みたいところ」とか「旅行にいきたいところ」とかはそれほど住みたい・・とか、行きたいわけじゃなかったんだな・・・ということが、後々、わかってきました。



自分は「あ、あれをやろう!」と思った時には、もう動いているのです。そして「あ・・、あれをやらなきゃ・・・」というときに動かないのです。



この「やらなきゃ」の後の「・・・」がポイントです。^^;)



なんとかやる気を出そう、ともがいているときは、本気でそれを望んでいないんじゃないかな・・・と疑ってみるのも大事かもしれません。



そして、(一時的に)その「住みたいところ」とか「旅行にいきたいところ」などについては「あ、今、自分はそれほどこのことを望んではいないんだな・・、



じゃあ、これについて考えるのはよそう・・」と考えから外すこと、もしくは保留にすることも選択肢の一つです。



それで心を少し楽にできるのではないかと思います。



この本に影響されました^^;)
→ 「書くだけで人生が変わる感謝日記」で検索<楽天市場>





| メンタル | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分にムチうつ性格を一時的になおす方法


やらなければいけないことに対してやる気になれないときに、自分にムチをうって、なんとか行動に移そうとする方法があります。



即効性はあるのですが、これを長く続けていると、心身共にストレスを感じるようになり、健康を損なったりします。



健康を損なって初めて「こういうやり方はやめよう」・・と考えられる人もいますが、健康を損なう症状があらわれたときには、もう手遅れ・・・なんてこともあります。



できれば、事前になおしたいものです。



・・・で、結論を言いますと、自分にムチうつ性格を一時的になおす方法・・・というは「自分を赦(ゆる)すこと」です。



自分をムチうつ性格の人は、自分に厳しい人が多いです。



今ある自分のエネルギーを超えた分量の作業をしようとしているのですが、人間の脳はそう簡単にエネルギーを供給してくれません。



やらなければいけないことに対して、体が動かなくなるぐらい頑張った後、それ以上は動けない自分に対して、赦してみる・・・というのも一つの手です。



動かない自分を赦さない・・と感じているのは自分自身なので、まずは自分だけでも(自分自身が動かないことを)赦すことから始めてみる・・・というのは、どうでしょうか?



この本に影響されました^^;)
→ 「書くだけで人生が変わる感謝日記」で検索<楽天市場>





| メンタル | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。