手帳・システム手帳の使い方・選び方

数十種類ほどの手帳の中身を調べ、手帳・システム手帳の使い方・選び方をまとめました。様々な所で調べた使い方・活用術と手帳を選ぶポイントをまとめ、INDEXにのせています。やる気がでない、仕事をやりたくない、仕事ややることを整理したいと思っていた自分が、それを改善する手帳・システム手帳の使い方をまとめています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

   

手帳の選び方

何を基準に選んだらいいのか分からない、数が多すぎて調べるのが面倒、という方。
目的や用途を絞るだけで、候補の手帳は定まってきます。

いろいろな手帳一覧

30種類以上の手帳を用途別に分類・一覧! d(^^)

手帳活用術一覧

何か面白い使い方はないか?という方はこちらをどうぞ ^^

   

お知らせ


   なし

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

付箋(ポストイット)でタスクの管理をするための手帳(テンミニッツ手帳)



タスクの管理をしたいけど、中々うまくいかない・・という方に合うかもしれない面白い手帳を見つけました。

テンミニッツ手帳 マイプロジェクト

注・・・画像をクリックすると楽天にとびます


公式サイトで画像つきで、かなり詳しく使い方(タスクの管理で大切なこと)を説明してくれているので、いきなりそちらを見た方が良いかもしれません。(笑)


自分もタスクの管理の本をかなり読んできましたし、手帳術の本を読みこんでいったのも、タスクの管理には手帳が必須だと思ったからです。


さらにこの手帳はタスクの管理のみならず時間管理にも使える手帳となっております。(むしろ、そちらがメインかも・・^^;)





このテンミニッツ手帳を一言で言うと付箋(ポストイット)を使って、タスク管理、スケジュール管理をする手帳となっております。


テンミニッツ手帳の特長



時間幅にあわせた付箋(ポストイット)を標準装備。(30分幅、60分幅、120分幅)
スケジュールの時間軸の幅と付箋(ポストイット)の幅が合っているので、タスクの管理が容易
付箋(ポストイット)をつかっているので、予定の移動が容易
To do、Want to do、アポイントメントを付箋(ポストイット)で色分けしていて、わかりやすい
付箋(ポストイット)を重要度、緊急度に応じて仕分けする専用ボードもついています。(2013年から別売り)




テンミニッツ手帳に向いている人



タスクの管理をしたいが、付箋(ポストイット)を買っている時間がない
タスクの管理をしたいが、やり方がいま一つわからない
タスクの管理をしたいが、予定がよく変更される
重要度、緊急度を整理したい



テンミニッツ手帳の使い方



公式サイトにより詳しいものがあるのですが、簡単に。

■まずはやること(To do)を紙に書いていきます。思いついた順に適当でOK。
■やること(To do)の所要時間を見積もり、付箋(ポストイット)のサイズに合わせて、やること(To do)を記入。
■付箋(ポストイット)を重要度、緊急度に合わせて仕分け、分類。
■付箋(ポストイット)をバーチカル式のタイムスケジュール欄にはりつけていく


目から鱗だったのが、ポイントは、重要度が高く、緊急度が低いもの・・・という考え方でした。(公式サイトより)


テンミニッツ手帳 ハード

注・・・画像をクリックすると楽天にとびます



テンミニッツ手帳 タイプとサイズ



テンミニッツ手帳2013

本体サイズ:W150 × H215 × D6.5mm (ほぼA5)

イヤリー、マンスリー、ウィークリースケジュールがあるタイプ。(テンミニッツ手帳の)中級者以上向け。


テンミニッツ手帳ライト

本体サイズ:W145 × H210 × D6.6mm (ほぼA5)

ウィークリー
マンスリー
マイプロジェクト



ウィークリー、マンスリーは文字通り、ウィークリー、マンスリーのみ。個人的に好きなのが、マイプロジェクト。いわゆるガントチャート(工程表)タイプで、一つのプロジェクトを複数のタスクに細分化し、それぞれのタスクの長期的な予定を一覧できるようにしたものです。


公式サイトにいかれる際は、ぜひチェックしてください。^^


手帳ツールタイプ

本体サイズ:
W100 × H152 × D3mm (ほぼA6)


卓上タイプ

本体サイズ:(組み立て時)
W170 × H168 × D105mm


ハードタイプ

本体サイズ:
W66 × H150 × D10mm


ノートタイプ

本体サイズ:
W61 × H146 × D5mm


テンミニッツ手帳ライトやテンミニッツ手帳ツールタイプは、(元々、持っている)手帳にはさみこめるように多少、小さくしているようです。


テンミニッツ手帳 公式サイト
http://www.10-min.net/



(追記)2013年6月

先日、loftにいって、実物を見てきましたが、手帳というより単なる厚紙という感じのつくりのものがありました。


かなり小さいタイプのものです。(それより大きいものは、一応、固い素材でつくられていました。)ポケットに入れて1年間の使用に耐えられるかどうか・・。


購入を考えられる方は一度、loftなり大型文具店で実物を確認するか、消耗品として割り切って、使用されることをおすすめします。コンセプトはすごくいいと思うんだけどな~・・。


普通の手帳のような合成皮革っぽくはできないものだろうか?・・と考えてしまいました。


「テンミニッツ 手帳」で検索<楽天>
「テンミニッツ 手帳」で検索<Amazon>



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。( ・ω・)つ旦


手帳・システム手帳の使い方・選び方の
おすすめ記事こちらです。






関連記事

| いろいろな手帳 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://system583.blog.fc2.com/tb.php/101-3cc09650

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。