FC2ブログ

手帳・システム手帳の使い方・選び方

数十種類ほどの手帳の中身を調べ、手帳・システム手帳の使い方・選び方をまとめました。様々な所で調べた使い方・活用術と手帳を選ぶポイントをまとめ、INDEXにのせています。やる気がでない、仕事をやりたくない、仕事ややることを整理したいと思っていた自分が、それを改善する手帳・システム手帳の使い方をまとめています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

   

手帳の選び方

何を基準に選んだらいいのか分からない、数が多すぎて調べるのが面倒、という方。
目的や用途を絞るだけで、候補の手帳は定まってきます。

いろいろな手帳一覧

30種類以上の手帳を用途別に分類・一覧! d(^^)

手帳活用術一覧

何か面白い使い方はないか?という方はこちらをどうぞ ^^

   

お知らせ


   なし

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

考えていることを言語化する訓練をさせないのは社畜にするため?


今回は、ちょっと論理が飛躍する話なのですが、自分が考えていることを言語化することって、人生でかなり大事だな・・・と思うことがありました。


特に人生設計や自分の夢などを考えるときに。ところが、いざ紙に書いて言語化させようとすると、言葉が抽象的になったり、うまい言葉が出てこなかったり・・・で、うまくかけなかったりするのです。


なんで学校の教育で、こういうことに時間を割いてやらなかったんだろう??と思ったのですが、もしかしたら、自分で考えて動くような人間を作りたくなかったからではないか?と思ったわけです。


どういうことかというと、昔(1970年から1980年代?)の組織は、上のいうことを「ハイハイ」といって、聞く人間が欲しがられたそうです。


そうやって、自分の手足になる人間を重宝したので、そういう人間をとるようになり、そういう人間を優秀な学生とするようになり、そういう「優秀な」学生を育成するように教育が変化したのかも?・・と。


かなり穴だらけで暴論ですが、影響がなかったとはいえないのではないか?と少し思ったりします。


今、これを読んでいる人がどういう人かは、わかりませんが、「俺(私)の人生、こんなはずじゃなかったのに・・」と思われている方は、


自分の考えている不満、望み、望みを達成させるために、どんな対策をとらなければいけないのか?を考えて、紙に書いてみるのも良いかもしれません。


最初は、あまりに抽象的で短いものになるかもしれませんが、積み重ねていくうちに練磨されて自分の人生のイメージを詳細に書き記したものになっているかもしれません。




関連記事

| 脱社畜 | 09:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://system583.blog.fc2.com/tb.php/295-6f5ec2c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。